メインイメージ

初めての妊娠で気を付けたい鉄欠乏性貧血

特に女性に多い貧血ですが、妊娠する事によってさらにその数は増えると言われており、その数は妊婦全体の9割以上ともなっているそうです。
血液細胞の一種である赤血球はヘモグロビンを含んでいますが、このヘモグロビンを構成している成分の一つが鉄です。

この鉄が不足する事で十分な量のヘモグロビンを生成する機能が低下し貧血が起こると言われています。
妊婦さんは胎児へ血液を供給し続けるために循環血液が増え、血液が薄くなることが分かっています。

妊婦さんが鉄欠乏性貧血になっても体内に取り込まれた鉄分は胎児にまずは供給されるため、胎児にあまり影響は有りませんが妊婦さん自身は長く続くめまいや頭痛、倦怠感、動悸、息切れ、不眠といった妊婦にとって心身ともにストレスになるような症状が続いてしまいます。
妊婦健診で鉄欠乏性貧血だと診断がされた場合、先ずは食事の見直しを医師により指示されます。
食事コントロールでしばらく様子を見て、次回検診時にも数値が平均値に達していない場合には鉄剤が処方される事が多い様です。(※医師によっては初回の診断から鉄剤を処方するケースもあります。)

ただし、この鉄剤は妊婦さんが服用する事で便が黒くなったり、便秘や軟便になるなど排便コントロールが難しくなる事も有り、中には胃の不快感を感じる方も少なくない様で、副作用の強い方には長期的服用になりますが、漢方薬の処方になる事も有ります。
鉄分は食事から摂取する事も可能で、鉄分の多く含まれている豚肉や牛肉、レバー、パセリや卵の卵黄、シジミといった魚介類、ヒジキやのりなどの海藻類といった食品を積極的に撮る事で緩和されますし、鉄のフライパンや鍋、包丁など調理器具を鉄製に変えるだけでも摂取する事が可能ですので、食事及び調理時に上手く取り入れて貧血を悪化させないように工夫をするといいでしょう。

食事からの鉄分摂取ではタンニンを摂取すると鉄分の吸収を妨げる働きを持っているため、タンニンと食物繊維の同時摂取は控えるようにしてください。

また、悪阻などの影響から食生活で満足な栄養素を摂取できなくなるため、日ごろからサプリメントなどで栄養補給をしておくことも大切です。